Wi-Fi 6とは?おすすめの対応ルーターも紹介

2019年から、Wi-Fiの新規格「Wi-Fi 6」が登場しました。
これからWi-Fiの購入をお考えの方には、最新規格に対応していて長く使えるWi-Fi 6ルーターがおすすめです。

しかし、「そもそもWi-Fi 6って何?」「どんなメリットがあるの?」と疑問に思っている方も多いはず。
そこで今回は、Wi-Fi 6の概要や利点と、エディオンスタッフが選んだおすすめのWi-Fi 6ルーターをご紹介します。

Wi-Fi 6とは?

「Wi-Fi 6」は、2019年に登場した新しいWi-Fiの規格です。
以前は、Wi-Fiの規格は「IEEE 802.11」の後に1〜2文字のアルファベットがついた規格名で区別されていたのですが、その表記では難しくて分かりにくいですよね。

そのため、その規格が開発された順番に「第1〜第6世代」と呼び分けるようにし、それに伴って規格の名称も第4世代以降「Wi-Fi 4」「Wi-Fi 5」「Wi-Fi 6」と改称されました。
ちなみに、第3世代以前の規格は今はあまり使われていないので、「Wi-Fi 3」等の新名称はありません。

特に詳しい知識が必要でない方は、「Wi-Fiの後につく数字が大きいほど新しい」と認識しておけば良いでしょう。
世代による違いは、新しい規格ほど大容量通信が可能になり、通信速度が速くなっているということです。

Wi-Fi 6対応無線ルーターのメリット

ここからは、Wi-Fi 6やそれに対応した無線ルーターは、従前のものに比べてどこが優れているのかをお伝えしていきます。

通信が速くて快適にネットを利用できる

通信が速くて快適にネットを利用できる

先にもお伝えしましたが、Wi-Fiは新しい規格のものほど通信速度が速いです。
Wi-Fi 4〜Wi-Fi 6の最大通信速度を比べると、以下のようになっています。

  • Wi-Fi 4:600Mbps
  • Wi-Fi 5:6.9Gbps
  • Wi-Fi 6:9.6Gbps

このように、Wi-Fi 6は前世代のWi-Fi 5と比べると、最大速度が1.4倍にもなっています。
Wi-Fiの速度が速くなると、Web会議で途切れることがなくなったり、オンラインゲームでもサクサク遊べて、ネットを快適に利用できます。

利用者が多いときも混雑しにくい

Wi-Fi 5以前の規格では、複数のデバイスと同時に接続する際、ルーターはその1つ1つと順番に接続してデータを送る仕組みになっていました。
そのため、利用者や接続デバイスが多くなると混雑し、順番待ちが発生する事態に。

Wi-Fi 6対応ルーターの場合、1度の通信で複数のデバイスにデータを送る機能が搭載されたため、複数人で利用する場合も快適です。
近年は、スマホやパソコンの他にもIoT家電などWi-Fiに接続する機器がどんどん増えているため、この同時送信機能がかなり役立ちます。

機器の充電が長持ちしやすい

Wi-Fi 6ルーターの新機能として、もう一つ「TWT(Target Wake Time)」というものがあります。
これは、ルーターから接続デバイスにデータを送信するタイミングを自動で調整するものです。
スマホがロック状態になっている間などは通信を控えることで、ルーター側は電波を発信するエネルギー、スマホ側は受信するエネルギーを節約できます。

スマホやPCの電池が長持ちすると充電の手間が省けますし、電気代も節約できて嬉しいですね。

Wi-Fi 6に関するよくある疑問

ここからは、Wi-Fi 6を使い始めるにあたってよくある疑問にお答えします。

Wi-Fi 6対応機器に買い替えしないといけない?

Wi-Fi 6対応機器に買い替えしないといけない?

Wi-Fi 6対応ルーターに買い替えても、それ以外の機器の買い替えは必要ありません。
Wi-Fi 6対応のルーターは、下位互換といって前の世代の規格にも対応しているため、今使っているスマホ・PC・タブレットなどはそのまま使えます。
ただし、それらの機器でもWi-Fi 6が使えるようになるかといえばそうではなく、それぞれのデバイスが対応している規格が、その機器で使える規格の上限となります。

Wi-Fi 6の速度や、前の項目でお伝えした新機能を利用するためには、Wi-Fi 6対応のルーターとWi-Fi 6対応のデバイスが必要になります。
ちなみに、すでに販売されている代表的な機種では、iPhone 11以降、Galaxy S20以降、Surface Pro 7などがWi-Fi 6に対応しています。

「5G」とは関係ある?

Wi-Fi 6と同じく、注目を集めている新しい通信規格に「5G」があります。
これらは「高速で大容量通信ができる新規格」ということは共通していますが、全く別物です。

Wi-Fi 6などのWi-Fiは、限られたエリア(ルーターの電波が届く範囲)にインターネット通信を提供するものです。
対して5Gは一般に「キャリア回線」と呼ばれるもので、基地局を経由して広範囲の通信に使われます。

スマホやタブレットで、家ではWi-Fi、外に出たらキャリア回線と使い分けている方も多いのではないでしょうか。
Wi-Fi 6と5Gは、ほぼ同じタイミングで登場した、それぞれの通信方法の最新規格です。

Wi-Fi 6対応のおすすめルーター4選

最後に、エディオンスタッフが選んだWi-Fi 6対応のおすすめルーター4選をご紹介します。

TP-Link Wi-Fi 6 ルーター Archer AX10

TP-Link Wi-Fi 6 ルーター Archer AX10

トリプルコアCPUと4本の外付けアンテナで、広い範囲に素早いレスポンスを提供するWi-Fi 6ルーターです。
ネットワーク内での遅延が少ないのが特徴なので、ビデオ通話やオンラインゲームなどでラグが気になりにくく、快適に使えます。

また、アンテナの方向調整とビームフォーミング機能を組み合わせることで、電波が届く範囲を強化。
広いお宅や、複雑な間取りでも隅々までしっかり電波を届けます。
また、専用アプリやAlexaとの連携で簡単に設定・管理ができるのもポイントです。

TP-Link Wi-Fi 6 ルーター Archer AX10の詳細は、こちらのページでご確認ください。

詳しくはこちら

NEC Aterm PAWX3000HP

NEC Aterm PAWX3000HP

5GHzで最大2402Mbpsの通信が可能なWi-Fi 6ルーターです。
デュアルコアCPUを搭載しているため5GHz帯と2.4GHz帯で同時通信をした時にも処理がスムーズで、更なる高速通信を実現しています。

また、ワイドレンジアンテナを採用したことで、スマホの向きや置き方に関わらずしっかりと電波が届きます。
ビームフォーミング機能、MUーMIMOも搭載しているため、家の様々な場所で複数人が接続しても安定した通信が保てることもポイント。
戸建てなら3階建て、マンションなら4LDK対応で、利用人数も12人が目安なので、大家族や2世帯住宅の方におすすめです。

NEC Aterm PAWX3000HPの詳細は、こちらのページでご確認ください。

詳しくはこちら

NEC 無線LANルーター Aterm PAWX6000HP

NEC 無線LANルーター Aterm PAWX6000HP

5GHz帯のアンテナを8×8、2.4GHz帯のアンテナを4×4搭載し、最大4804Mbpsもの高速通信が可能なのが特徴です。
とにかく高速通信が可能なため、オンラインゲームなどで大容量通信を頻繁に使う方におすすめ。
セキュリティも「WPA3」に対応しているため、テレワークやオンライン授業用としても最適です。

ハイパワーですがアンテナ内蔵タイプでコンパクトなので、設置場所を選ばずインテリアの邪魔をしないのもポイント。
広い間取りや大家族でも安定して使える、ワンランク上のWi-Fi 6ルーターです。

NEC 無線LANルーター Aterm PAWX6000HPの詳細は、こちらのページでご確認ください。

詳しくはこちら

BUFFALO AirStation WSR5400AX6

BUFFALO AirStation WSR5400AX6

比較的手ごろな価格で購入できる、エントリーモデルのWi-Fi 6ルーターです。
5GHz・2.4GHzのアンテナをそれぞれ4本・2本ずつ搭載など、十分なスペックを備えながら、スリムでスタイリッシュなデザインで設置場所を選ばないのもポイントです。

また、自社・他社のルーターからボタン一つで設定を引き継げる「無線引っ越し機能」を搭載しているため、買い替えにもおすすめ。
セキュリティやペアレンタルコントロールなどの機能も備えていて、幅広いご家庭で使い勝手の良いおすすめ商品です。

BUFFALO AirStation WSR1800AX4BKの詳細は、こちらのページでご確認ください。

詳しくはこちら

まとめ

まとめ

これからWi-Fiルーターを購入するなら、最新規格に対応したWi-Fi 6ルーターがおすすめ。
高速・大容量通信が可能で、複数のデバイスにも接続しやすく、長く便利に使うことができます。

Wi-Fi 6ルーターには様々な商品がありますが、それぞれ適した用途や使用環境が異なるため、利用状況に合わせて選びましょう。
Wi-Fi 6ルーター選びで迷っている方、自分にぴったりのWi-Fi 6ルーターを知りたい方は、ぜひ店頭のエディオンスタッフにご相談ください。

お近くの店舗へ見に行く »
ネットショップで商品を見る »