無線ルーターの選び方【おすすめルーターも紹介】

自宅でWi-Fi電波を飛ばしてスマホやPCをインターネットに無線接続するためには、無線LANルーターが必要です。
無線ルーターには様々な規格があり、商品説明も複雑なので、知識がないと迷ってしまう方も多いです。

そこで今回は、無線ルーターを選ぶための基本ルールや、さらに「速いルーター」を選ぶためのテクニックを解説。
知識豊富なエディオンスタッフが選んだ、おすすめの無線ルーター3選もご紹介します。

無線LANルーターとは?

無線LANルーターとは、一般的に「Wi-Fi」と呼ばれる無線の電波を発して、スマホやPCをインターネットに繋ぐための機器です。
有線接続だと常にケーブルが必要なので機器を繋ぐ場所が限られますが、無線LANルーターを使って無線接続をすれば、家中どこでもネットを使うことができます。

また、Wi-Fi対応の機器同士が接続する際にも、無線LANルーターが仲介役となります。

無線ルーターの基本的な選び方

無線ルーターは、使用環境や接続する人数に合わせて選ぶのが基本です。

使用する場所・家の広さに合わせる

無線ルーターには、同じシリーズの商品でも数種類のランクがあり、ランクが高いものほど広い範囲に電波を飛ばすことができます。
それぞれの商品に、戸建てなら「○階建て」、マンションなら「○LDK」といった間取りの目安が表示されているため、ご自宅の間取りや広さに合わせて選びましょう。

ただし、同じ広さでもコンクリート造の建物だと木造より電波が届きにくかったり、家の端にしかルーターを設置できないと、自宅内で電波が届かない場所ができたりします。
そのため、できれば実際の自宅の広さ・間取りより1ランク上の無線ルーターを選ぶのがおすすめです。

利用人数と接続する機器を確認する

利用人数と接続する機器を確認する

家の広さや間取りの他に、利用人数と接続する機器の数で選ぶ方法もあります。
こちらも、「利用人数○人」「端末○台」など、商品ごとに目安が記載されています。
スマホやPC以外にも、タブレットやスマートテレビ、IoT家電など、近年はWi-Fi接続する機器が多くなってきているため、漏れなく確認しましょう。

この場合も、できれば実際の使用状況より1ランク上の無線ルーターを選ぶと接続が安定しやすく、来客時や機器を買い足した時にも安心です。

「速い」無線ルーターの選び方

ここでは、不自由なく使える以上に、速くて快適に使える無線ルーターを選ぶ方法をお伝えします。

最も速い通信規格は「Wi-Fi 6」

Wi-Fiルーターの通信規格はそれぞれ特徴があります。
開発された順に「世代」で呼び分けられていますが、現在最新の規格は「第6世代(Wi-Fi 6)」です。

現在販売されている無線ルーターは、第5世代(Wi-Fi 5)または第6世代(Wi-Fi 6)に対応しているものが主流で、それぞれの最大速度は以下のようになっています。

  • Wi-Fi 5:6.9Gbps
  • Wi-Fi 6:9.6Gbps

Wi-Fi 6は、理論上の最大値ではWi-Fi 5よりも約1.4倍早いとされていて、高速通信を実現したいならWi-Fi 6対応の無線ルーターがおすすめです。

また、Wi-Fi 5が対応している周波数帯域は5GHzのみですが、Wi-Fi 6は5GHzと2.4GHzの2つの帯域に対応しています。
5GHzの帯域は、他の無線と干渉しにくいため通信が安定しているのが特徴で、2.4GHzは5GHzより遠くまで電波が届くという特徴があります。

Wi-Fi 6対応の無線ルーターは2つの帯域を使い分けることができるため、安定性という意味でもWi-Fi 6対応のルーターがおすすめです。

アンテナのタイプと本数

アンテナのタイプと本数

Wi-Fiルーターに搭載されているアンテナは、本数が多いほど理論上の通信速度が速くなります。
ただし、多いほど良いというわけではなく、受信側のアンテナ本数が少ないとルーターのスペックを活かしきれないため注意が必要です。
一般的なノートPCは、2本アンテナが主流となっています。

また、アンテナには内蔵と外付けの2種類があり、それぞれにメリットがあります。
内蔵タイプのアンテナは、ルーターの見た目がシンプルでコンパクトなどがポイント。
ただしアンテナの方向を調節することができないため、家の中心に設置できる場合に適しています。

外付けアンテナの場合、アンテナを調節することで電波を飛ばす方向を自分で決められるので、家の隅に設置する場合や、家の中で電波が届きにくい場所がある場合に便利です。

無線LANルーターにあれば便利な機能

ここでは、基本的な選び方の他に、無線ルーターについていると便利な付加機能についてお伝えします。

ワンタッチ接続なら設定ラクラク

通常、無線ルーターと機器の接続はSSIDとパスワードを入力する必要がありますが、この作業が面倒な方や、機械が苦手で操作ができるか心配という方には、ワンタッチ接続機能付きのWi-Fiルーターがおすすめ。

世界的に標準化されている「WPS」、バッファロー社が提供する「AOSS2」、NECの一部ルーターに搭載されている「らくらく無線スタート」といった種類があります。

広い家であればメッシュWi-fiもおすすめ

ご自宅が広い方、複雑な間取りの方、家の中央に無線ルーターを設置できない方などには、メッシュWi-Fiおすすめです。

メッシュWi-fi機能がついていると、親機とサテライト機を使って電波が届くエリアを自由に拡張し、家の中でWi-Fiが届きにくいエリアをなくすことができます。
通常の無線ルーターだと、電波を飛ばすポイントが一点(親機)のみなので、場所によっては電波が届きにくいことがあるのです。

「ビームフォーミング」でさらに強力に

ビームフォーミングは、電波を特定の通信方向へ飛ばす機能です。
通常の無線ルーターだと、電波はルーターから360°に満遍なく飛ぶため、同じ家の中でもWi-Fiが入らない場所があったり、ルーターから遠ざかると速度が遅くなったりすることがあります。
こちらも、家の構造などの都合で電波が届きにくい場所がある方におすすめです。

ただし、ビームフォーミングを使うにはルーターと接続機器両方がこの機能に対応している必要があり、iPhone6以前や一部を除いたAndroidスマホなどは対応していません。

使う人が多いならMU-MIMO機能

MU-MIMO対応の無線ルーターなら、複数台の同時接続が可能なので、家族の人数が多い方やデバイスをたくさん持っている方におすすめです。

MU-MIMOは複数の端末へデータを送信できる機能のことです。
従来の通信方法だと、端末1台ごとに順番に切りかえながら通信するため、接続台数が多いと順番待ちが発生し、通信が遅くなるというシーンがありました。

バンドステアリング

バンドステアリングは、電波状況に応じて、使用する周波数帯を5GHzと2.4GHzで自動的に切り替える機能です。
5GHzが混雑している時には2.4GHzに切り替えることで、常に快適な速度を維持することができます。
ちなみに、当然ながらバンドステアリングは5GHzと2.4GHz両方に対応している無線ルーターのみで使える機能です。

おすすめの無線LANルーター3選

最後に、エディオンスタッフがおすすめする無線ルーター3選をご紹介します。

BUFFALO エアーステーション WSR2533DHP3BK

BUFFALO エアーステーション WSR2533DHP3BK

Wi-Fi 5に対応し、1戸建てなら3階建て、マンションなら4LDKの広い家でも安定した速度を保てる無線ルーターです。
ビームフォーミング機能で使用機器が多い場所を狙い撃ちするため、遠くでも電波が届きやすく、多くの機器を繋いでも速度が落ちにくいのが特徴。
アンテナ内蔵タイプでコンパクトなので、設置する場所を選ばないのもポイントです。

BUFFALO エアーステーション WSR2533DHP3BKについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

NEC Aterm ブラック PAWG1800HP4

NEC Aterm ブラック PAWG1800HP4

送信用3本、受信用4本のアンテナを内蔵し、最大1300Mbpsの高速通信を実現した無線ルーターです。
回線が混雑しにくい接続方式「IPv6(IPoE)」に対応し、さらに独自のブースト機能「IPv6 High Speed」で通信を加速させるため、ネットを快適にサクサク使えます。

ビームフォーミングや、独自のチューニング技術「ハイパワーシステム」を搭載していて、電波が広範囲に安定的に届くのもポイント。
ワンタッチで設定ができる「らくらく無線スタート」など簡単に使い始められる機能も充実しているため、機械が苦手な方にもおすすめです。

NEC Aterm ブラック PAWG1800HP4についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

BUFFALO エアーステーション WSR1166DHPL2

BUFFALO エアーステーション WSR1166DHPL2

BUFFALO エアーステーション WSR1166DHPL2はWi-Fi 5、IPv6(IPoE)に対応の、安定した高速通信を保ちやすいのが特徴の無線ルーターです。
大容量データを高速で取り込める「Gigaポート」にも対応しているため、ゲームや動画鑑賞など、大容量のデータをよくダウンロードする方におすすめです。

ビームフォーミングと「MU-MIMO」にも対応しているため、たくさんの機器を繋いでも安定した接続を保てます。
コンパクトサイズで低価格なので、購入しやすく使い勝手の良い無線ルーターです。

BUFFALO エアーステーション WSR1166DHPL2についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

まとめ

まとめ

無線ルーターは、PCやスマホをWi-Fiに接続するために必要不可欠。
さまざまな商品がありますが、使用環境→通信規格→プラスアルファの機能という順番で候補を絞っていくと、ご自宅に合った無線ルーターが見つかりやすいです。
無線ルーターの選び方をもっと詳しく知りたい方や、自分にぴったりの商品をおすすめして欲しい方は、店頭のエディオンスタッフまでお気軽にご相談ください!

お近くの店舗へ見に行く »
ネットショップで商品を見る »