【1歳~】子どもの好奇心を刺激するおすすめプレゼント特集

1歳に贈るプレゼント選びで、「予算の相場は?」「そもそも何を選べばいいの?」と悩んでしまう人は多いです。特に誕生日は、初めてということもあり、こだわって選んであげたいところですよね。

ここでは、それを解決するために、今回は1歳の子どもへのプレゼントの選び方や、定番商品をご紹介します。
エディオンスタッフが選んだおすすめ商品3選もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1歳へのプレゼントの予算はどのくらい?

1歳児へのプレゼントの予算相場は、「3,000〜10,000円」ほど。
関係性によっても異りますが、それぞれの相場は以下の通りです。

  • 親:10,000〜30,000円
  • 祖父母:10,000〜30,000円
  • 親戚:5,000〜10,000円
  • 友人:1,000〜3,000円

特に、1歳の誕生日は、子どもにとって初めての特別な誕生日。
とはいえ、あまり子どもの記憶には残らないということもあり、実質的には親へのプレゼントという側面も強いです。
現金やベビー服など、子どもが直接使わないものを選ぶ場合もあります。

子供自身が使うおもちゃの場合、1歳ではまだ複雑な遊びはできないのでシンプルなものになりがち。
自らゲームやキャラクターグッズを欲しがるような年齢の子供よりは、プレゼントの予算相場は低めになります。

関係性でいうと、親や祖父母、親戚などは奮発して10,000円を超えるのものを選ぶことも多いです。
友人の場合は、気を使わない1,000〜3,000円、高くても5,000円までのプレゼントを選ぶことが多いようです。

1歳へのプレゼントに人気のジャンル

それでは、1歳児の発達段階に合わせた人気のプレゼントを、ジャンル別にご紹介していきます。

定番人気の知育おもちゃ

定番人気の知育おもちゃ

これから様々な能力が伸びていく1歳児へのプレゼントは、知育おもちゃが定番人気。
まだあまり細かな作業をしたり、ルールを覚えることはできないので、積み木などシンプルかつ創造性を育めるものが人気です。

ただし、あまり小さなパーツがあるものだと、誤飲の危険があるため注意してください。
1歳児はなんでも口に入れてしまうので、口に入りきらない大きさで、抗菌加工がしてある素材が安心です。

また、1〜2歳にかけて言葉を覚え始めるので、先取りして言葉の習得に役立つおもちゃを贈ることも多いです。

興味・好奇心を刺激する絵本

興味・好奇心を刺激する絵本

まだ主体的に遊ぶことが難しい1歳児には、親と一緒に楽しめる絵本も最適です。
興味を持ったものを指さして物の名前や言葉を覚えたり、好奇心を育んでいきます。

ストーリーを理解できるようになるのは3歳ごろなので、1歳児へのプレゼントとしてはページや文字数が多すぎず、色鮮やかで目を惹く絵柄のものがおすすめ。
ラインナップが豊富で価格も高くないので、複数冊まとめて贈ったり、他のプレゼントと合わせて贈ることもできて便利なのもポイントです。

1歳の誕生日なら伝統行事も

1歳の誕生日には、「一升餅」「選び取り」という伝統行事もあります。

一升餅は、一升分のお米で作った大きなお餅を、子どもに背負わせる行事。
「選び取り」は、そろばんや筆、鏡など様々な才能や職業を象徴する物を子どもの前に並べ、どれを選ぶかで子供の将来を占うというものです。
自分の子どもへのプレゼントなら、こういった行事に使うもの(お餅を入れるリュックなど)や、行事の開催自体をプレゼントにしてもいいでしょう。

ただし他の家庭の子どもの場合、伝統行事に関するものを贈るのは少しリスキー。
一生に一度のことなので、プレゼントしたい場合は必ず実親の意向を確認しましょう。

アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかん SuperDX

「アンパンマンことばずかんSuperDX」とは?

エディオンがおすすめする1歳児へのプレゼント1つ目は、「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかん SuperDX」。
付属のペンでタッチするとアンパンマンの声が出る仕掛け絵本で、発売以来10年間もトップの人気を誇っている定番の知育おもちゃです。


「日本おもちゃ大賞」や「マザーズセレクション 大賞」も受賞し、子供の親だけではなくプロ目線でも高い評価を得ています。

この「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかん SuperDX」が人気を集めている理由は、言葉をどんどん覚えられる工夫が満載なこと。
特に1歳児はこれから言葉を覚えていくというタイミングなので、誕生日プレゼントにはぴったりです。
絵をタッチするとアンパンマンの声が出るので、まだ言葉がわからない子供でも積極的に遊べます。

言葉がわかるようになってきたら、絵のそばに書かれたひらがなと音を照らし合わせたり、「”じてんしゃ”はどれ?」というクイズにタッチで答えるという遊び方も。
基本的な単語以外にも、「かして」「ありがとう」「ごめんなさい」などコミュニケーションに役立つやりとりや「絵本を読む」などの二語文、簡単な英語なども学ぶことができ、長く遊べるのもポイントです。


「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかん SuperDX」は、こちらのページから購入できます。

詳しくはこちら

動く絵本プロジェクター Dream Switch(ドリームスイッチ)

「Dream Switch(ドリームスイッチ)」は、暗くした部屋の天井に「動く絵本」を投影できるプロジェクター。
主に子どもの寝かしつけ用に使うおもちゃで、まだ夜泣きが続いていたり、夜の寝つきが悪い1歳のお子さまにぴったりのプレゼントです。


子どもが眠たくなる工夫が満載で、ゆったりとしたナレーションや、スローな動きのアニメーションがお子さまの眠気を誘います。
字幕の表示もでき、お父さん/お母さんの声での読み聞かせもできるので、寝る前の親子のコミュニケーションが充実することもメリット。
絵本の読み聞かせをするときにネックとなる「暗い部屋で絵や字が見づらい」「本を持つ手が疲れる」などの負担も解消されるのが、親目線でも嬉しいポイントです。

収録コンテンツは「桃太郎」「シンデレラ」など日本と世界のお話30種類と、童謡や星座のお話など全部で62種類。
1歳ではまだストーリーを理解することはできませんが、早いうちからたくさんの言葉に触れることで言語能力が育ちます。


Dream Switch(ドリームスイッチ)」は、こちらのページから購入することができます。

詳しくはこちら

ホームスタークラシック

「ホームスタークラシック」は、自宅で天井いっぱいに広がる満天の星が楽しめる家庭用プラネタリウム。
まだ主体的に遊ぶのは難しい1歳の子供でも、光の美しさや親と一緒にリラックスする時間を一緒に楽しむことができます。


家庭用プラネタリウムにも様々な商品がありますが、「ホームスタークラシック」はプラネタリウムクリエーターの大平貴之氏と共同開発した本格派。
業務用の投影機にも採用されている「光学式」を用いて、6万個の壮大なスケールの星空をリアルに再現しています。

星の位置や移動を正確に再現していて、星や星座を学べるコンテンツも用意されているので、成長してから星の勉強に役立つのも魅力。
将来、お子さまが自然や天文に興味を持つ第一歩にもなるかもしれません。

カラーは「パールホワイト」「メタリックネイビー」「メタリックブラック」の3色で、好みやインテリアに合わせて選ぶことができます。


ホームスタークラシック」は、こちらのページからご購入いただけます。

詳しくはこちら

まとめ

1歳の子どもは、これから心や体がどんどん発達していく段階。
誕生日プレゼントには、今後の発育を助ける知育おもちゃがおすすめです。

今回ご紹介したプレゼント選びのポイントや、エディオンスタッフが選んだおすすめ商品をぜひ参考にしてみてください。