テレビの音がうるさい!手元・ネックスピーカーで解決できるかも

リモートワークやおうち時間など、自宅で過ごす時間が増える昨今、「テレビの音がうるさい」とお困りではありませんか?
テレビは家族みんなが使うものですし、耳の聞こえかたは人それぞれ違うので、誰かにとっては適度でも、他の人は「うるさい」と感じてしまうことがあります。

今回は、「テレビの音がうるさい」問題が発生しやすいシチュエーションや、その解決策となる「手元スピーカー」「ネックスピーカー」についてご紹介していきます。

意外と多い?「テレビの音がうるさい」問題

テレビは家族みんなで見ることも多いですが、全員が納得いく音量に調節するのは難しいです。
まずは、意外に多い「テレビの音がうるさい」問題は、どんなシーンで発生しやすいのか見ていきましょう。

高齢の親がいつも音量を大きくしている

テレビの音量を上げてしまいがちなのは、まず耳が聞こえにくい高齢者。
高齢の方と同居していると、いつも大音量でテレビを見ていて会話がしづらかったり、他の部屋まで音が響いて仕事や勉強に差し支えたりと、トラブルになりがちです。

また、離れて暮らしている場合も、テレビの音にかき消されてしまって電話ができなかったり、近所に迷惑をかけたりしていないか心配になってしまいますね。

家事中も聞こえるようにしたら、「うるさい」と言われた

キッチンで料理や皿洗いをするとき、リビングにあるテレビを見ながら楽しく家事をしたいという人も多いかと思います。

しかし、キッチンはリビングからの距離もありますし、水音や換気扇の音などで意外に騒々しく、通常の音量では聞こえません。
キッチンまで聞こえるように音量を上げていたら、テレビの近くにいる人から「うるさい」と言われてしまうことも。

まだ注意されたことはなくても、周りに迷惑をかけないために、離れた距離からテレビを見るときは気をつけておきたいものです。

テレビを観ていたら、家族が起きてしまった

家族が寝た後や、映画・海外スポーツなどで早朝・夜中にテレビを見たいときは、通常の音量でも大きく響いてしまいます。
眠っている家族に迷惑がかかるだけではなく、赤ちゃんや子供が起きてしまうと、見たいテレビに集中することができません。
かといって、音量を下げすぎると音が聞こえず、不便な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

自分だけ音を聴きたい時には、手元スピーカーやネックスピーカーを使って工夫するのがおすすめです。

映画やドラマの鑑賞中、急に大きな音がしてびっくりした

映画やドラマを観ていると、会話は聞き取りにくいのに、BGMや効果音は急に大きく聞こえることもしばしば。
これは、近年のテレビは薄型化に伴ってスピーカーも小型化され、スピーカー性能が悪くなっているためです。

映画は上質な機材が揃った映画館で上映されることを前提にメリハリを付けて作られているので、テレビだと音量を上げざるをえない場面が多くなっています。
テレビのスピーカー機能に頼らず、外付けスピーカーで性能を補うことで、より映画やドラマを楽しめるようになりますよ。

テレビがうるさい問題に「手元スピーカー」と「ネックスピーカー」のすすめ

テレビがうるさい問題に「手元スピーカー」と「ネックスピーカー」のすすめ

「ネックスピーカー」とは、首にかけて自分の周囲にだけ音を響かせるスピーカーのこと。
「手元スピーカー」は、小さなラジカセ程度のサイズ感で、近くに置いて遠くの音を聞こえやすくする小型スピーカーです。

それぞれ、「テレビの音がうるさい」問題にどんなアプローチができるのかを解説していきます。

手元スピーカーはテレビをよく観る人向け

手元スピーカーは、テレビと接続することにより、自分の近くでテレビの音を鳴らすことができます。
深夜・早朝などに、テレビの音量は下げつつ、自分だけはしっかり音を聞きたいというシチュエーションにぴったりです。

また、耳が遠い高齢者の方も、近くで聞けることにより音量を上げすぎずに済みます。

ネックスピーカーは家事などでよく動く人向け

ネックスピーカーは自分自身に装着するので、家事などでよく動く方におすすめです。
料理中や掃除中、動いたり他の音がしたりしても、テレビの音がよく聞こえます。

スマホに接続すれば、作業をしながら音楽を聴いたり電話で話したりもできるので、テレビ以外の用途に使いたい方にもおすすめ。
テレワークで家にいる時間が多い人も、家中どこにいても電話の発着や音楽鑑賞を楽しめます。

ヘッドホン・イヤホンとどう違う?

遠くの音を聞きやすくするには、ヘッドホン・イヤホンという選択肢もあります。

しかし、ヘッドホンやイヤホンは耳がふさがるので、周囲の人に声をかけられたり、電話やインターホンが鳴っていたりしても気づきにくいのがネック。
いちいち外す手間もありますし、耳や頭に負担を与えてしまい痛くなりやすいので、長時間の使用にはあまり向きません。

おすすめ手元スピーカー3選

それでは、エディオンがおすすめする手元スピーカー3選をご紹介します。

オーディオテクニカ テレビ用ワイヤレススピーカー ATSP767XTV

オーディオテクニカ ATSP767XTV

オーディオテクニカ テレビ用ワイヤレススピーカー ATSP767XTVは、音を近くで鳴らすだけではなく、より聞き取りやすくする「はっきり音」機能を搭載しています。

はっきり音は切・中・強の3段階調節ができるので、聞こえかたの好みや番組の内容によって切り替えることができます。
ボタン一つで切り替えができ、聞こえ方も全く違うので、ぜひ店頭で使ってみていただきたいポイントです。

充電も充電台に置くだけでとても簡単。こちらも実際に試してみてください。

詳しくはこちら

SONY お手元テレビスピーカー SRSLSR200

SONY お手元テレビスピーカー SRSLSR200

SONY お手元テレビスピーカー SRSLSR200は、「はっきり声」機能を2種類搭載。
「はっきり声1」ではテレビの音の中の「声」のみピックアップするので台詞などが聞き取りやすくなり、映画やドラマが好きな方におすすめです。
さらに、「はっきり声2」は加齢によって聞き取りにくくなる周波数を強調。用途や使う人によって、音質を使い分けることができます。

また、リモコン機能を搭載していて、上部のボタン操作でテレビ電源のオンオフや選局、音量調整が可能。
様々な用途に使える、マルチな手元スピーカーです。

詳しくはこちら

東芝 TV用ワイヤレススピーカーシステム TYWSD11

東芝 TV用ワイヤレススピーカーシステム TYWSD11

東芝 TV用ワイヤレススピーカーシステム TYWSD11は、「双方向通信」という他のスピーカーにはない珍しい機能があります。

テレビの音を受信して鳴らすだけではなく、音声の送信もできるので、受信機と送信機を別の場所に置いておけば、1階と2階、リビングとお風呂などで会話が可能です。
受信機は防水仕様なので、キッチンやお風呂で使うこともできます。

テレビの音問題の解決だけではなく、内線機能も使いたい方におすすめです。

詳しくはこちら

おすすめネックスピーカー3選

次に、エディオンがおすすめするネックスピーカー3選のご紹介です。

シャープ ウェアラブルネックスピーカー ANSS2

シャープ ウェアラブルネックスピーカー ANSS2

シャープ ウェアラブルネックスピーカー ANSS2は、約88gの軽量設計。
長時間つけていても疲れにくい快適な装着感は、ぜひ店頭で体験していただきたいポイントです。

また、Bluetooth接続でテレビ・スマホと接続できるので、使うときは完全ハンズフリー。
耳元で音楽やテレビの音声が聴けるので、深夜でも周りを気にする必要がありません。
さらに、音声ガイダンスは日本語を含む3か国語に対応しているので、どんな人でも使いやすいことも魅力です。

詳しくはこちら

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRSWS1

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRSWS1

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRSWS1は、音に包まれるような臨場感が魅力。
小型ですが高音質なスピーカーを搭載し、映像の中に入り込んだような感覚で映画やゲームを楽しめます。

さらに、アクションシーンの効果音や、音楽のドラムやベース音に合わせて振動が発生する機能も。
映像への没入感を重視してネックスピーカーを選びたい方におすすめです。

詳しくはこちら

JVC SPA7WTB

JVC SPA7WTB

JVC SPA7WTBは、テレビ視聴に適した低遅延モデルです。
Bluetooth音声を素早く伝送する「aptX LowLatency」という技術に対応していて、TV音声をクリアに伝えるTV用トランスミッターも付属。
映像と音声のズレがなく、快適にテレビやゲームを楽しむことができます。

また、IPX4の防水仕様なので、キッチンや屋外などで多少の水滴に濡れても使用可能。
生活の幅広い場面で便利に使えるネックスピーカーです。

詳しくはこちら

まとめ

まとめ

ここまでおすすめの手元スピーカーとネックスピーカーをご紹介してきましたが、首に掛けた感じや聞こえ方などは、実際に触れて感じるのが一番です。
エディオンの店頭では、今回ご紹介した商品の一部も店頭でご紹介しているので、ぜひ一度お近くの店舗にお越しください。

商品ラインナップは店舗によって違うため、具体的に気になる機種がある場合は、事前にお電話などでご確認いただくと確実です。
テレビの音がうるさい問題を解決したい方は、店頭で知識豊富なエディオンスタッフにご相談ください。

お近くの店舗へ見に行く »